婚約指輪の基礎知識について詳しく紹介しています。
  1. 婚約指輪の基礎知識!意味・結婚指輪との違いはなに?

婚約指輪の基礎知識!
意味・結婚指輪との違いはなに?

婚約指輪と結婚指輪、どう違う?

左手の薬指に指輪をしているのは既婚者である証・・・ということはなんとなく知っていても、まだプロポーズも結婚式も経験がない人にとって婚約指輪と結婚指輪の明確な違いはよくわからなかったりしますよね。

婚約指輪と結婚指輪、どう違う?

婚約指輪はその名の通り、結婚の約束をしたときに男性から女性に贈られるものです。つまり、婚約指輪をつけるのは女性側のみ。古くからの慣習としては結納を済ませてから結婚式までの間につけるものとされていますが、こちらは日常的にずっとつけっぱなしというよりも、装飾品としてつけるもので華やかなデザインのものが選ばれがちです。

これに対して結婚指輪は結婚する男女が2人の誓いの証としてつけるペアリング。男女共に日常的につけるものなので、デザインもシンプルなものが主流になっていますね。婚約指輪は結婚したらつけてはいけないということはなく、中には結婚指輪と重ねてつけられるようデザインされているものもあります。そしてどちらの指輪も左手の薬指につけるのが一般的です。

婚約指輪の由来

さて、結婚指輪は2人の永遠の愛の証としてつけるものですが、なぜ結婚指輪とは別に婚約指輪というものが存在するのか、そしてなぜ女性だけがつけるものなのか、不思議に思う人もいるでしょう。しかし婚約指輪には結婚指輪よりも長い歴史があるのです。

男性が女性に婚約指輪を贈るという風習が生まれたのはなんと紀元前1世紀のローマ時代。当時は結婚の約束をするということに重きが置かれており、紀元前2世紀頃になると金の指輪を贈るのが主流となっていたようです。さらにそれから時は経ち、9世紀にローマ教皇ニコラス一世が、婚約の際には経済的な犠牲を払うくらいの高価な指輪を女性の贈るべきだ、といった発言をしたことをきっかけとして「婚約指輪は高価なもの」という価値観が定着したと言われています。

婚約指輪の由来

薬指にはめることになった理由については、古代エジプトにその起源があります。古代エジプトでは左手の薬指が心臓につながる太い血管が通っていると考えられていたため、心臓(心)とまっすぐにつながっている薬指に約束の証をつけることで女性の心をつなぎとめておくという意味合いがあったようです。

最近では節約のために婚約指輪はスキップして結婚指輪だけにするカップルも増えていると聞きますが、それに込められた想いや長い歴史を知ると、歴史を紡ぐ一員として受け継いでいきたいという気持ちになりますね。

どうして宝石はダイヤモンドなの?

婚約指輪に使われる宝石としてダイヤモンドが主流となったきっかけは、今から500年以上前の1477年にまで遡ります。この後1508年に神聖ローマ帝国の皇帝となるマクシミリアン一世がブルゴーニュ公国最後の君主(女公)であったマリー・ド・ブルゴーニュとの縁談が持ち上がった際に、ダイヤモンドの指輪を贈ったのを起源とする説が有力です。マクシミリアン一世がダイヤモンドを選んだ理由は、ダイヤモンドが「不屈の愛」や「永遠」を意味する宝石だったから、あるいは宝石の中では最も硬いということから「固い絆」を表すものとして選ばれたなど諸説あります。

どうして宝石はダイヤモンドなの?

日本で婚約指輪にダイヤモンドが使われるようになったのは1960年代。明治時代に婚約指輪の風習が日本に入ってきてからは真珠の指輪を贈るのが主流だったようですが、高度経済成長期にダイヤモンドの輸入が解禁になったのを機に、ジュエリーを扱う企業による一大キャンペーンによって婚約指輪にはダイヤモンド、という習慣が広く一般的になっていったようです。

関連記事

PAGE TOP